行司

格の上下差が顕著な大相撲においては行司の装束も階級によって大きく変わる。出場する行司は、直垂、烏帽子を着用(1910年(明治43年)5月に裃袴から変えた)し、軍配を使用する。立行司・三役格行司を“格草履行司”、幕内格・十両格行司を“格足袋行司”、幕下格以下の行司を“はだし行司”とも称する。現代では十両格以上の行司
94キロバイト (15,344 語) - 2024年2月1日 (木) 17:03



館内は行司の転倒に騒然となりましたが、幸いなことに大きな怪我はなかったようです。危ない場面ではありましたが、今後の試合では安全に注意を払うことが大切ですね。

【行司の激しい転倒が館内に衝撃走る!心配の声が響く中、大丈夫か行司さん!】の続きを読む


この行司さん、まだ中学卒業したばかりなのにすごいですね!堂々とした土俵裁きに感動しました!これからの活躍が楽しみです。

【驚異の逸材!中学卒業の行司が堂々たる土俵裁きで称賛を浴びる】の続きを読む

no title
木村 庄之助(きむら しょうのすけ)は、大相撲に於ける立行司の名称。行司の最高位で、相撲の番付に例えると東正横綱に相当する。2015年3月場所限りで37代目が引退し、およそ9年間襲名者が不在であったが、2024年1月場所より41代式守伊之助が38代目を襲名した。 現在、木村庄之助
18キロバイト (1,254 語) - 2023年12月25日 (月) 02:47



「木村庄之助の復帰ニュースに驚きました!彼は行司としての技術にも優れており、その経験を活かしてさらなる発展を遂げることでしょう。木村庄之助の新たな活躍に期待です!」

【木村庄之助、9年ぶりの復活!伊之助も昇格で新たな章が始まる】の続きを読む

このページのトップヘ